トーキョーサンドウィッチ

大阪出身 東京在住26歳 羨望と怠惰に挟まれて、今日も生きています。 Twitter : ry0oooooo0ta

ただ、自己紹介がしたい

このブログ最初の戯言として、
自己紹介がしたいと思う。
 
が、生きてきて26年、
自己紹介というものを満足にできた覚えがない。

 

自分自身のアピールはおろか
自分のことを口に出すというそのこと自体が、
むず痒いことのように思い構える身は斜、
変なこじらせを抱え生きてきたことをベースとし、
決して褒められたわけではない思春期の環境で
処世術として身につけた、
自分を卑下するタイプの笑いの生み出し方が
しっかり板につくというWパンチで、
真っ当な自己紹介ができなくなってしまった。
 
これは実際、めちゃくちゃに困る。
 
笑いを生み出すために行って来たことが、
ここにきて全く笑えない事情を生み出していたとは。
父の勤務先が倒産したことで3ヶ月はネタが持つと考えていた
小学生のぼくに伝えてあげたい大事なことの1つである。
 
 
社会に出る、および出てからの段階においても、
「自己紹介をお願いします」と言われたら、
出身や趣味を語るといった
先の自己紹介のフォーマットをコピーするくらいしか
能が無くてでして、
休日は大体寝ていますとか(そしてこれは大体合っている。)
単に「ほんとだめなやつなんですー」という
具体性の欠けたツッコミフォローの余地ない単なるぼやきなど、
他人が話したのであれば興の湧かないことのみしか
パッと声にならない。
持分の時間はいつもグダグダになるし
かといえ入念に練ろうものなら、
話の捏造で日が暮れてしまうであろうほど、
それはそれは単調な毎日を過ごしている。
 
単調な毎日をおくることの何が悪いのか
さっぱりわからないが、
自己紹介の場で求められるような
クールな発表を行うには、
少し難しい生活のスタイルなのだと最近思い知っている。
 
 
僕はただ、自己紹介がしたいのに
それができない。
 
そんな空白の自己紹介に
一花添えるようなブログにしていければ大吉、
あまり張り切らず頑張っていきたいと思う。
 
 
なんか、ちょっとだけぽくなるように頑張ったけれど、
まだリハビリが必要みたいだ。
 
よろしくお願いします。